奈良教育大学附属幼稚園の受験対策。2025年の選考日・問題の内容・面接。気になる内部進学は?

奈良教育大学附属幼稚園の受験対策。2023年の選考日・問題の内容・面接。気になる内部進学は?

奈良教育大学附属幼稚園 は、奈良市高畑町にある、国立大学の附属幼稚園です。奈良市および奈良市に隣接する市町村
(附属小学校の校区とは異なります)に保護者の方と同居している方が対象です。

この記事では、奈良教育大学附属幼稚園の受験対策、選考日、入園試験(考査)の傾向や、募集人数、内部進学の有無などの情報をまとめて解説します。

この記事で分かること

奈良教育大学附属幼稚園の入園検査について

合格までの流れと試験日についてはこちら

【今だけ無料!】0歳からIQ145以上に育てるカリキュラムが受けられる幼児教室「ベビーパーク」で幼稚園受験準備を!【口コミあり】

「抽 選」

入園希望者が募集定員を超えた場合には、入園候補者を抽選により決定します。

「健康診断」

入園候補者に対し、健康診断を行います。内科の検診です。

「面 接」

面接は幼児、保護者どちらも行います。
その結果によっては、不合格となります。

奈良教育大学附属幼稚園の募集人数は?

令和5年度入園の園児募集の場合、

満3歳クラス 10名程度 (令和5年度の満3歳の誕生日に入園)
3歳クラス 15名 (令和5年度の4月に入園)

の募集でした。

(※倍率非公開)。

昨年より募集定員が減少しています。

参照:令和4年度の場合
満3歳クラス 15名 (令和4年度の満3歳の誕生日に入園)
3歳クラス 30名 (令和4年度の4月に入園)

狭き門ですので、幼児教室や家庭学習で対策して受験に臨みましょう。

附属小学校への内部進学について

(条件を満たせば)
内部進学
可能!

奈良教育大学附属小学校へ、内部進学の枠で受験が可能です。

つまり、一定の学力やスキルがあれば、抽選なしで附属小学校へ進学できます。

外部受験者の場合、どんなに知能検査や運動検査、面接などの成績が良くても、
最後の抽選で不合格となることがあります。

ですので、附属幼稚園なら、一定のスキルさえあれば附属小学校へ進学できるのは、大きなメリットです。

奈良教育大学附属幼稚園について

奈良教育大学附属幼稚園 は、奈良市高畑町にある、国立大学の附属幼稚園です。

国立のため、学費は私立より安く、質の高い教育を受けられます。
※「幼児教育・保育の無償化」対象です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
この記事で分かること