信州大学教育学部附属幼稚園の受験対策。2025年の選考日・問題の内容・面接。気になる内部進学は?

信州大学教育学部附属幼稚園は、松本市桐にある、国立大学の附属幼稚園です。松本市及び松本市に近接する市町村」の区域に保護者とともにお住まいのお子様が受験可能です。

この記事では、信州大学教育学部附属幼稚園の受験対策、選考日、入園試験(考査)の傾向や、募集人数、内部進学の有無などの情報をまとめて解説します。

≫受験生からの聞き取り調査をもとに分析・作成された、受験対策補強合格セットはこちら

信州大学附属幼稚園 を受験するなら是非、取り組んでおきたい過去類似問題が満載!信州大学附属幼稚園 の受験対策として体系的にまとめた合格問題集。信州大学附属幼稚園 の出題問題を徹底研究して作られています。  ※信州大学附属幼稚園 対策問題集3冊と、願書の書き方と面接の心構え(DVD付)が含まれています。
タップできるもくじ

信州大学教育学部附属幼稚園の入園検査について

第一次「簡単な発達測定と面接」

簡単な発達測定

行動観察 発達検査 幼稚園受験

自由遊び(行動観察)を通して、発達状況の確認(検査)が実施されます。

面接

親子面接が行われます。

令和5年度(2023年度)新入生募集の場合、
令和4年9月30日(金)
第一次が実施されます。

第二次「抽選」

第一次選抜合格者のみ、公開抽選が実施されます。

ただし、第一次選抜合格者で、兄姉が本園または附属松本小・中学校に在籍している場合は、優先して入園できるよう配慮します。

令和5年度(2023年度)新入生募集の場合、
令和4年11月2日(水)午後 に抽選が行われます。

信州大学教育学部附属幼稚園の募集人数は?

令和5年度入園の園児募集の場合、

3歳児約30名(15名x2クラス)

※4、5歳児については、現在募集を行っておりません。

の募集でした。

(※倍率非公開)。

狭き門ですので、幼児教室や家庭学習で対策して受験に臨みましょう。

附属小学校への内部進学について

(条件を満たせば)
内部進学
可能!

信州大学教育学部附属松本小学校へ、内部進学の枠で受験が可能です。

本園は、附属松本小学校・中学校と密接な連携をとりながら教育を行い、郷土の将来を担う人材の育
成をめざしており、卒園後は附属松本小学校への入学を原則としています。

信州大学教育学部 附属幼稚園
令和5年度 入園児募集 より抜粋

つまり、一定の学力やスキルがあれば、抽選なしで附属小学校へ進学できます。

外部受験者の場合、どんなに知能検査や運動検査、面接などの成績が良くても、
最後の抽選で不合格となることがあります。

ですので、附属幼稚園なら、一定のスキルさえあれば附属小学校へ進学できるのは、大きなメリットです。

(しかし、幼稚園受験の時点で抽選をくぐり抜ける必要はあります。)

信州大学教育学部附属幼稚園について

信州大学教育学部附属幼稚園は、松本市桐にある、国立大学の附属幼稚園です。

国立のため、学費は私立より安く、質の高い教育を受けられます。
※「幼児教育・保育の無償化」対象です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできるもくじ